ホーム > 転職ノウハウ > 日本の医療機器業界 規模、展望、動向は?

日本の医療機器業界 規模、展望、動向は?

医療機器とは?

医療機器とは大きく診断系医療機器(画像診断機器、生体監視システム、検査機器等)、治療用医療機器(ペースメーカー、カテーテル、人工関節等)、その他の医療機器(歯科、家庭用医療機器、衛生材料等)に大きく分けられます。

進む日本の高齢化と高まる医療機器の需要

高齢化社会皆さんご存知と思いますが、日本では急速に高齢化が進行しています。
高齢者(65歳以上)人口は、2015年には3,395万人となり、その後も増加し、2042年に3,878万人でピークを迎えると予測されています。
2060年には高齢化率は39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上となると予測されています。(内閣府 高齢社会白書)
いうまでもなく、高齢者の増加により、医療機器の需要は高まっていくと思われます。

日本における医療機器市場とその展望

医療機器市場日本の医療機器市場規模は2004年以降増加し、2013年には過去最大の約2兆7000億円となりました(厚生労働省 薬事工業生産動態統計)
高齢化社会の進行とともに、着実に成長を続けており、景気の影響を受けにくい安定市場として今後も成長が見込まれています。
採用においても各企業が、積極的に採用を続けており、実際、リーマンショック後に多くの業界で採用がかなり長いあいだ控えられましたが、医療業界は最も早く求人が回復した業界の一つでした。

世界の医療機器メーカー 売上ランキング

日本は世界的にみて、米国、欧州に次ぐ3番目に大きな医療機器市場となっています。
しかしながら、以下の2102年の世界の医療機器企業売上高ランキングを見てもわかるとおり、外資系企業が上位を独占している状態です。
日本市場においても、多くの外資系企業が高いマーケットシェアを有しており、日本の医療機器分野は大幅な輸入超過となっています。


引用:日本政策投資銀行 医療機器クラスター形成に向けた地域の動向