ホーム > 転職成功事例 > 営業技術・アプリケーション・クリニカルスペシャリスト

転職成功事例(営業技術・アプリケーション・クリニカルスペシャリスト)

診療放射線技師からメーカーのアプリケーションへ転職/ 20代 男性

病院勤務/診療放射線技師 ⇒ 医療機器メーカー/アプリケーション

診療放射線技師として数年間、幅広い機種に関わり撮影業務を行う。早くから将来は外資系メーカーに勤務することを目標とし、独学で英語も習得。30歳を前にしてアプリケーション職を目指して転職活動を始める。複数社から内定を得るが、社風がマッチし、給与面でも高い評価をされた企業のアプリケーション職として入社。弊社からは職務経歴書のブラッシュアップと、面接ポイントの明確化のサポートを行う。

診療放射線技師からメーカーのアプリケーションへ転職 / 20代 女性

病院勤務(診療放射線技師) ⇒ 医療機器メーカー/アプリケーション

専門学校卒業後、診療放射線技師として病院勤務。かねてからメーカーでアプリケーション職を志望しており、数年の勤務後、転職活動を始める。20代中盤で機器使用経験も少なかったことから書類選考が通らないこともあったが、若手のアプリケーション人材を自社で育てていきたいという企業より内定を得て入社。少ない経験年数ながらも一番使用頻度の高かった機器の経験・知識と仕事への姿勢が評価された。弊社からは、職務経歴書作成サポートから面接対策まで一連のサポートを行う。

臨床検査技師からメーカーのアプリケーションへ転職 / 20代 女性

病院勤務/臨床検査技師 ⇒ 医療機器メーカー/アプリケーション

大学を卒業後、CROに就職。数年間勤務後、将来のためにより専門的な業務に就きたいと考え、臨床検査技師の資格を取得。病院で臨床検査技師として超音波診断を中心に業務を行う。しかし、病院勤務は自分には閉鎖的と感じるようになり、企業での超音波アプリケーション職を目標に転職活動を開始。面接での印象や、会社規模、製品ラインナップなどにより好印象を持った会社より内定を獲得し、入社。弊社からは職務経歴書の修正や面接対策などのサポートを行う。

競合企業の技術営業職へ転職 / 30代 男性

医療機器メーカー/技術営業 ⇒ 医療機器メーカー/営業技術

新卒で医療機器メーカーに入社し、営業、営業技術を経験。その後数年間勤務するが、環境を変え、仕事、スキルの幅を広げたいと思うようになり転職活動を始める。数社の営業技術ポジションに応募。営業、技術営業の両方の経験・スキルをバランスよくアピールすることを心がけ、競合企業から内定を得る。弊社からは経歴書のブラッシュアップ、面接対策を行った。

メーカーのアプリケーションから技術営業へ転職 / 30代 男性

医療機器メーカー/アプリケーション ⇒ 医療機器メーカー/営業技術

病院勤務を経て、大手医療機器メーカーのアプリケーション職として勤務。数年間勤務したのち、営業的な仕事に興味を持ち、臨床・製品的知識を生かした営業技術を志すようになる。社内での異動を試みたがかなわず、転職活動を開始。自分が経験した機器の技術営業職に数社応募。アプリケーションとして受注に貢献した経験や、コミュニケーション能力が認められ、1社より内定、入社。弊社からは、職務経歴書作成の修正や面接対策を行う。

看護師からクリニカルスペシャリストに転職 / 20代 女性

病院勤務/看護師 ⇒ 医療機器メーカー/クリニカルスペシャリスト

看護師として、オペ室及び集中治療室等に勤務。数年の勤務後、勤務中にクリニカルスペシャリストの説明を受けたことがきっかけで、自分も企業での勤務を志すようになり転職を決意。自らの経験内容に合致する領域の製品を取り扱う医療機器メーカーのクリニカルスペシャリストに応募し、2社より内定を得る。社風や面接時の印象、働き方のスタイル等を総合的に判断し、入社企業を決定。弊社からは、職務経歴書作成サポート、面接対策を行った。

CROからクリニカルスペシャリストへ転職 / 30代 女性

CRO/臨床開発モニター ⇒ 医療機器メーカー/クリニカルスペシャリスト

看護師として数年間勤務後、企業での勤務を志し、CROにて臨床開発モニターとして転職。企業での勤務スタイルには満足していたが、やはり臨床に深く関わる仕事をしたいと思うようになり、クリニカルスペシャリストを目指して転職活動を始める。看護師時代の臨床経験が活かせる企業数社に応募し、2社から内定を得る。仕事のスタイル、給与など等を判断し、就職先を決定。弊社からは、職務経歴書作成サポート、面接対策を行う。

他臨床領域のクリニカルスペシャリストへ転職 / 30代 女性

医療機器メーカー/クリニカルスペシャリスト ⇒ 医療機器メーカー/クリニカルスペシャリスト

看護師として、数年間でいくつかの科を経験したのち、医療機器メーカーに転職。クリティカルケア分野のクリニカルスペシャリストとして勤務していたが、病院勤務時代により興味をあった別臨床分野のクリニカルスペシャリストの案件に興味を持ち、応募する。看護師時代に得た知識・経験と、企業勤務経験の両方が評価され内定、入社。弊社からは職務経歴書ブラッシュアップと面接対策を行う。