ホーム > 企業紹介 > GEヘルスケア・ジャパン株式会社

GEヘルスケア・ジャパン株式会社

GEヘルスケア・ジャパン株式会社

 

GEの起源は、トーマス・A・エジソンにより1878年に設立された「Edison Electric Light Company」にさかのぼります。現在ではGEはインフラストラクチャー、金融、メディアという3つの事業分野を柱とし、世界100カ国以上、約30万人の社員を擁する企業グループとなっています。

GEは環境分野を対象にした「エコマジネーション」と、医療分野を対象にした「ヘルシーマジネーション」という二つのイニシアティブを立ち上げ、環境分野と医療分野に経営資源を集中させる方針を打ちだしています。

 

GEの医療分野を担うのがGEヘルスケアです。MRI、CT、アンギオ装置などの大型画像診断装置をはじめとして、医療情報システム、超音波診断装置、麻酔器、生体情報モニター、新生児医療機器等の分野で事業展開し、リーディングカンパニーの地位を確立しています。GEヘルスケアジャパンは外資系企業でありながら日本国内に製造・開発拠点を持ち、技術水準が高く、常に高い品質が求められる日本市場において顧客のニーズに応え、また日本発製品の世界へのグローバル展開を行っています。

企業情報

住所 〒191-8503
東京都日野市旭が丘4-7-127
URL http://www3.gehealthcare.co.jp/ja-JP
設立年 1982年
資本金 60億1648万5000円
従業員 約2000名
事業内容
  • 医用画像診断装置の開発・製造・輸出・輸入・販売・サービス、および生体情報モニタ、循環器検査機器、病院情報システム等の医療機器、ネットワークの販売保守、バイオテクノロジー関連機器・試薬・ソフトウェアの輸出、輸入、販売、サービス
採用企業ご担当者様へ
  • 転職成功事例
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接対策
  • 採用傾向と評価のポイント
  • 分野別 治療と製品
  • 医療機器営業転職
  • ジェイシーエルコンサルティング
  • 紹介求人案件満足度 第1位