ホーム > 転職ノウハウ > 職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方をサポート

◆◆職務経歴書の重要性を認識していますか?◆◆

審査の第一段階である書類選考は、職務経歴書によって行われるのは言うまでもありません。職務経歴書はいわば「自分のプレゼンテーション資料」ですので、それが「わかりにくい」「曖昧」「読みづらい」となると書面上のコミュニケーション能力が低い、という判断をされてしまいます。

次の審査段階である面接において、面接官は職務経歴書から得た情報をもとに面談を行います。つまり職務経歴書によって有用な情報を事前に伝えておくことにより、面接の合否に良い影響を与えられるわけです。

また、通常面接は複数の候補者が応募しており、面接と職務経歴書で得た情報を総合的に判断し、合否が決定されます。面接官が多数の応募者と面談することにより、そして時間の経過により人物的な印象は薄れていきますが、但し、職務経歴書の強さは落ちません。採用権限者が、同じような評価の人材の採用で迷っていた場合、職務経歴書を再度見直しながら考える事もあるでしょう。そのような場合、完成度の高い経歴書のほうが有利なのは言うまでもありません。

また、職務経歴書の作成においては、これまでの自分の経験・実績を棚卸しし、整理するという作業を行います。この作業をすることにより面接対策もスムーズに行えるようになります。

 

◆◆質の高い職務経歴書作成・修正サポートを提供します。◆◆

JCL Consultingでは、職務経歴書の作成・修正サポートを行っています。職務経歴書をお持ちでない方には、まずはご自身でドラフトを作成して頂き、コンサルタントと共に修正を重ねながら完成させていきます。

その過程で、自己の経験・実績などの棚卸のお手伝いや、ご自身では気づかなかった強み、弱みの発掘も行い、レイアウトも考慮しながら経歴書に反映させていきます。既に職務経歴書をお持ちの方に対しても、内容をチェックさせて頂き、修正点があればご相談しながら改善へとつなげて行きます。

以下に基本的な経歴書作成の流れを記述します。実際にはコンサルタントがサポートしながら進めて行きます。

 

[1]経験・スキルを洗い出す

職務経歴書を作成するには、まず自分の経験。スキルの棚卸をすることが必要です。
このプロセスを省略して完成版を作ろうとしても、内容の薄いものになってしまいます。

まずは職歴に沿って、以下の項目別に内容を記述していきます。

  • 担当製品、顧客、社内顧客、関連した部署等
  • 業務内容、所属したチーム・プロジェクトの概要とその中で自分の果たした役割
  • 実績(期間、ボリューム等、インパクトをなるべく数字で明確化する)
  • 成功エピソード(実績に至るプロセスを明示することにより、自分の強みをアピールする)、社内表彰
  • 英語・PC等の実務スキル、社外での教育コースや大学・大学院の履修内容でプラス評価となるもの

POINT1 なるべく細かく記述する

この段階では、「ここまで書かなくてもいいのでは」と思うくらい細かく書いてみてください。
最初に細かく作成し、あとで削っていくほうが良い経歴書ができます。

POINT2 専門用語をなるべく避ける

特定の製品分野や業界で使用される専門用語・略語などはなるべく避けるか、注釈などを入れるなどしてわかりやすくします。


[2]エッセンスの抽出と経歴書への記入

次に、細部まで記述した、上記の経歴書から、エッセンスを抽出し、読みやすいレイアウトにします。

  • 応募ポジションの業務内容、取扱い製品、ポジションレベル、を理解し、それに類似する、 または応用できるこれまでの経験内容・スキルを特定する。逆に、関連性の薄いものは簡潔にするか削除する。
  • 関連性の高い内容が強調されるように、順序を考えて記述し、レイアウトを調整する。

POINT1 簡潔に、わかりやすくアピールする

長い文章はできるだけ避け、繰り返しや不要な言葉は削除してください。
箇条書きを有効に使用し、読みやすいように心がけてください。

POINT2 項目別にまとめて記述する

担当製品、業務内容、ポジションレベル等、項目を作成し、それぞれをある程度まとめて記述します。
○○年(業務内容・実績・・・)○○年(業務内容・実績・・・)という形の履歴書は時として非常に読みにくくなります。


[3]最終チェック

最後に、自分の作成した経歴書を面接官になったつもりでチェックします。書面から自分の業務内容や実績、強みが具体的にイメージできれば経歴書の完成です。

  • 自分の経歴書を自分の人柄、仕事ぶりを全く知らない他人の目で見る。
  • 伝えきれていない自分の強みや、読みにくい表現・レイアウトを修正する。