ホーム > 転職ノウハウ > 採用傾向と評価のポイント > 営業技術・アプリケーション・クリニカルスペシャリスト編(企業経験者)

営業技術・アプリケーション・クリニカルスペシャリスト(企業経験者)

採用傾向

アプリケーションスペシャリスト、クリニカルスペシャリストは、製品・臨床に関わる高い専門知識を持つ職種ですので、転職の際も同種或いは類似した製品を販売する企業への転職というケースは多くなります。

ただ、これらの職種の方は、医療機関で何年か経験を積まれてから企業へ入られているケースが多いため、企業で経験した製品でなくとも、企業での経験と病院での臨床経験を組み合わせて新たな製品群や職種(マーケティングなど)へチャレンジするというケースも見受けられます。

もちろん、経験分野をあまり問わず、これまでの知識・経験をベースに、入社後新たな製品、臨床知識を習得して頂く前提の求人もあります。

 

評価ポイント

転職の際には、自分の製品群や業務に関する専門性が問われます。これまでに医療機関及び企業で蓄積した専門的な知識・経験が転職先企業ですぐに活かすことができるか?もしくはそれらを応用することができるか?また、これまでの企業で売上や顧客満足に向上してきたか?自分の所属した組織力の向上に対して貢献してきたか?等が問われることとなります。顧客と対峙する業務ですので、いうまでもなくコミュケーション能力は選考の重要なポイントです。

営業技術・アプリケーション・クリニカルスペシャリストの求人情報をチェックする

マーケティング編 業界経験者 業界未経験者
サービスエンジニア・テクニカルサポート編 業界経験者 業界未経験者
営業技術・アプリケーション・クリニカルスペシャリスト編 企業経験者企業未経験者
薬事申請・品質保証・安全管理編業界経験者業界未経験者
営業編(医療機器営業転職サイトへ) 業界経験者 業界未経験者